不動産業の職場の雰囲気が悪いってか合わない!昭和みたいな考えが古い会社が多い業界?

※これはファイナンシャルプランナーとして、元不動産会社従業員様(以下、Aさん)とのライフプラン相談時に聞いたお話を、ご相談者様に許可を得て記事化しております。

懐かしい「ふなっしー」で有名の街で就職!

ついに資格を取得したAさん。はたして就職した会社は、、、前回の記事を読んでない方は「「宅建士」を取得したら就職先の候補が増えまくり?驚愕した実体験を告白します」をお読みいただいてから、当記事をお読みいただければと思います。

Aさんは、今でこそふなっしーで有名になりましたが、宅建士を取得し就職したのは船橋市のとある不動産会社だったそうです。

営業部と管理部(用地仕入れ)があり、宅建士を取得しているということで希望していた管理部(用地仕入れ)へ配属されたようです。

Aさん曰く「配属と言いますか、元々この部署の求人募集でした」ということで「ここしかない!!」という気持ちで転職活動、面接へ挑んだとのことです。

資格取得といたことを武器にしていたAさん、案の定、面接では

「独学で宅建士取ったのか〜関心だね!」

「宅建士取ったからにはウチでどんな仕事がしたいの?」

など興味を持ってくれて、しっかりと話せて好感触を感じた記憶があるそうです。

その日の採用の連絡!次週には出勤していた?

その後、その日に採用の連絡が来て、お金もなかったので次の週には出勤していたみたいです。笑

このような事があり改めて「宅建士の資格には力は効果あるな〜」としみじみ感じて、

この資格がなければ正社員として就職できなかった(この会社のこの部署には)と思ったそうです。

中小企業の不動産会社ってこうなのかな?

Aさんは初日に出勤して労働契約などの書類を書いて部署へあいさつ回りした後に、会社所有の物件を車で回り歓迎ランチなどして頂き、その日は仕事というか会社を知る事だけで終わったのですが、少し「えっ!?」と思ったこともあったそうです。

それは、帰る時の事です。

定時になっても誰ひとりとして帰ろうとはしなかったみたいで、

「まぁ、不動産業って残業があるのが当たり前だからな〜」

と思っていたのですが、部長へ内線が入り、なにやら話している様子・・・。

部長「はい〜わかりました。では上がりますか!」

んっ?んっっ!?んっっっ!!??

あ、「自分には合わないかも・・・?」笑

上から社長と専務が降りてきたと思ったら、一斉に立ち上がり社長に

「お疲れ様でした〜!!!」

と一礼をしたのです!

Aさんも見よう見まねでしたのですが、すこし、いや、かなり違和感を覚えたそうです。(まるでヤ〇ザの人がお勤めご苦労様でしたー!と言うシーンかよ、と。笑

そして、二日目にして同じあいさつをしてから帰る事が判明したのです!

それどころか、社長や専務が帰らなければ誰一人として帰らないという始末。

この会社は「昔ながらの会社」な社風で、あたかも「ここは、昭和ですか???」と思ってしまうほどでしたとのこと。

朝も定時は9時から仕事ですが、8時半には出社して全員でお掃除をするような会社だったで、

また、朝礼も独特で、社訓を全員で大声で読み上げるとか、今日一日何するのかを全員の前で言わなければならず、、、

(ここで少し、自分には合わないかも・・・とはやくも思ったそうです。)

 

yoshiも転職を失敗したことがあり、面接を受けた時と入った時が全然違うといったことがありました。大手などは環境がしっかりしているのですが、ベンチャーなどは尚更、、、なのでベンチャー転職の際は〇〇〇〇〇とアドバイスしています。ベンチャー企業の特権ですよね。

直属の上司からの洗礼

さて、Aさんは初出勤から数日が経って、仕事を教わる事になったのですが、船橋市という街は都会かもしれませんが不動産業といったら車を使うのが当たり前だったようです。

駅前の物件でもそうなのですが、車で入れるような土地を購入したりして建売住宅を建てて売るビジネスだったためです。

仕事を教わるため、上司の車の助手席へ座りすぐさま洗礼か?と思わせることがあったのですが、

それは・・・

「俺はお前に仕事を教える気はないよ。だって俺だって教わってないんだから。」

と、52歳の上司に言われてしまったとのことです。

元々、社長の知り合いだった子デブおじさん上司

話してわかったのは、この上司(Oh,No~さん)は、もともと地方銀行で働いてた人で社長の知り合いだったらしく、

社長に誘われて入社しただけで、地銀で働いてた関係から昔から地元の人と仲が良く、情報通だったため不動産業に力を貸してほしいという事だったため特に仕事を教わってないのだとか。

そこにAさん部下として入ってきたから、「え、何を教えるの??」という感じだったみたいです。

とはいえ、船橋の様々な情報を教えて頂いたり、地元の同業の方を紹介して頂いたりしながら、いろいろと教わる事ができたみたいです。

今だから言えるのは「感謝」しているという事!

今になって思えば、子デブおじさん上司に言えるのは、あーだこーだ言っておきながら、やはり情報通で、ある程度いろいろと知っていたのと教えてくれていたのだなぁと。

Aさんも嫌々ながらも一緒に行動をすることで、「情報通」ってのいうのは、付き合いを見ていてわかったのでこの人に質問していけばいろいろと学べると思って、何かあれば質問攻めにしていました。笑

おかげで短期間で船橋市のことやこの界隈の不動産業界のことも知れましたし、紹介してくれた同業の人から物件情報をもらえるまでになっていましたのでとても感謝していたとのこと。

とはいえ、Aさんはもう不動産業ではなく「IT業」へ転職しているので、もうこの子デブおじさん上司に会うことはないでしょう。と思ったら、いまだに交流が続いてるとのことでびっくりしました。笑

しかし、仕事を覚えるためなら人柄はさておき、ちゃんと知識を持った人に付くのが1番だなと思った事を今でも覚えていて、転職後もそういった人から仕事を教わるといった考えの礎を教えてくれたた人ですとのこと。

不動産資格の凄さ、そしてAさんのわがまま!?かつ努力家っぷり

Aさんの話もこれで終わります。

yoshiは話を聞いていて、最初Aさんはわがままだな~とか仕事を甘く見ているな~とか、場当たり的だな~と思っていました。

だけど、資格の有用性や資格を取ることをストーリーにして転職を勝ち取るといったところは、相談に来られる方へアドバイスすることもあるので、そこさえうまくいけば転職はやはり決まるんだなと感じました。

ちなみに、Aさんがyoshiのところへ相談に来られた理由は、ライフプランの見直しでした。民間保険や年間の収支の見直しで、サラリーマンが苦労なく節税できる方法をおつたえしました。