転職して失敗や後悔を感じている!?そんな人がすべき3つの行動とは?

意を決して転職したが、

「想像していた会社でもないし、仕事内容もいまいち・・・。」

「やりたい仕事内容だから給料も下げたのに・・・。」

と後悔していたり、転職自体が失敗だなと感じているのであれば、このまま読み進めてください。

きっと、今のあなたに役立つ内容です!

転職をした事を失敗したと後悔している人がすべき行動、つまり「解決方法」を3つ紹介します。

  1. このまま今の会社に慣れるように努力する
  2. 以前の会社へ戻れるように努力する
  3. 速攻で今の会社以上の企業へ転職する

上記3つの行動を見てみてどうでしょうか?

直観で感じたものを1つ選らんでみてください。

yoshiなら、間違いなく③の「速攻で今の会社以上の企業へ転職する」です!

その理由と方法は以下で詳しく説明します。

転職は失敗かもと後悔している人が起こすべき3つの行動

①このまま今の会社に慣れるように努力する

慣れるように努力をしなくても慣れる時はすんなりと慣れていくものです。

しかし、「なんだかなぁ。」と思っている時はなかなか馴染めないのが正直なところ。

  1. 会社の雰囲気
  2. 仕事の内容
  3. 給料

の3つの視点で見てみるとおのずと答えが見えてくるかもしれませんね。

例えば、会社の雰囲気(上場企業だから等)と給料は良いけど、「仕事内容」がいまいちというのであれば、いずれ慣れてくれば自分がしたい仕事を任せて貰える可能性に賭けてみるのはアリだと思います。

給料に満足であれば、仕事してお金をもらうというシンプルな視点から見ても十分でしょう。

逆に、仕事の内容は良いけど、「会社の雰囲気」と「給料」がいまいちなのであれば、今すぐ転職する事を勧めます!

なぜなら、経験上、いずれその会社を辞める事になるからです。

理由は簡単です。

雰囲気が悪ければ、会社に居たくもないですし、その上給料も悪いのであれば、納得できなくなりイライラ等のストレスが溜まってしまいます。

そうなると、退職しようかなと考えるようになるからです。過去にそのような会社を何度も体験しているyoshiが言うのだから間違いありません(笑)

特に人間関係で雰囲気が合わないと感じたなら尚更です!!

転職した先の会社の雰囲気が良さそうと思ったけど蓋を開けたら違ったという人は、普通の求人サイトで仕事を探して応募する方法ではなく、不満や意向などを聞いてくれた上であなたに合った企業を探してくれる転職エージェントに身をゆだねてみるのが良いかもしれません。

今よりも年収をアップさせたい人向けの会員制求人サイト「ビズリーチ」や、非公開の求人を多く扱い、あなたに合った企業を提案してくれる「duda(デューダ」がおすすめですよ♪

②以前の会社へ戻れるように努力する

この選択肢は、そもそも以前の会社を辞める時に「惜しまれながら退職した」場合のみですね。

さらに、以前の会社の役員や社員と今でも連絡し合う仲なのであれば、難しいことではないでしょう。

一緒に飲み行って「転職した先の状況や不満」を言ってみましょう!

その時に相手がどのようなリアクションをするのかで戻れそうなのか判断してみるのが得策です。

③速攻で今の会社以上の企業へ転職する

転職に期待してチャレンジした結果、今回の転職が失敗(と思っている)だっただけです。

転職する前は、

「もしかしたら最高の環境になるかも!」

と思っていたはずです。

ですので、後悔しても仕方ないと思って先に進むのが、今後の人生において最適と言えます。

yoshi自身がそうです。経歴を見てもらえたら分かると思うのですが、恥ずかしながら色々な会社を5社以上経験しています(笑)。

これは、入社してみた結果、「なんか違う・・・。」と思って転職しまくった結果です。

最終的には上場企業の正社員になれた!

しかし、最終的に上場企業の正社員へなれましたし、転職してみて良かったと思っています。

1年後に転職と思っていると歳も取りますし、早いに越したこと無いなと実感しています。

「そうは言っても今の会社に入ったばかりだし、すぐには転職できないよ・・・。」

と思っている人は以下に紹介する方法を参考にしてみてください。

yoshiも入社1カ月で退職し、すぐに新たな企業へ入社した経験もありますので、あまり心配する必要はありません。

ただ、それにはちょっとしたコツ?裏技?があるので、その方法を実行に移してみてくださいね。

転職したばかりでも大丈夫!今すぐに転職するための方法

転職したばかりでもスグに転職する方法として簡単に言うと以下の方法になります。

試用期間3カ月で辞めたことにする

通常の企業で採用している「試用期間」ですが、その大体が3カ月という期間でしょう。

この期間内で退職したと面接官に伝えることが重要です。

そして一番肝心なのが、試用期間で退職した「理由」です。

面接官にどのように伝えるのが良いでしょうか。答えは以下になります。

  1. 面接した時に話した内容と実際に入社した時の「仕事内容」があまりにも違った
  2. 面接した時に聞いた金額と入社した時の実際の「給料」に相違があった

①仕事内容が違ったと説明する場合

「仕事内容があまりにも違ったからです。」

と伝えた後に、

「しかし、仕事内容が違うのは、会社の事情などがあるのかなと思って理解しました。

ですが、試用期間が過ぎた時点で再確認したところ、面接で話した内容で採用はしていない。

嫌なら辞めてもらうしかないと言われたので退社しようと決めました。」

と言えば効果的でしょう。

②給料が違ったと説明する場合

「実際の「給料」に相違があったからです。」

と伝えた後に、

「キャリアアップする意味での転職でしたので、以前に勤めていた会社よりも収入が低いのであれば転職はしませんでした。内示されていた給与の手当てなどが話と違ったいました。

試用期間だから給料が低いのかと思っていましたが、確認したところそうではなかったので退社するつもりです。」

と言うと面接官も「なるほどね。」と思うはずです。

この上記の方法は、いずれもyoshiが実践した内容ですので、効果は絶大です。

求人サイトもスグ求人が見つかる「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」などを主に使うと効果的です。

転職して失敗や後悔を感じているのであれば、ぜひ行動してみてくださいね。

「仕事が辛い」と思った時が転職する絶好のタイミング!その理由と5つの具体的な方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。