仕事を変える(転職する)?まずやらなければいけない「3つ」の事とは?

僕もかつてはそうでしたが、仕事をしていると嫌な事や辛いことがありますよね。

そんな時にいつも

「仕事辞めてやる!」「絶対に仕事を変える!」「もう仕事変えたい…。」

と心に誓うのですが、結局次の日も出勤する毎日でした。

仕事を変えたい(変える)!と「思う事は簡単」なんですよね・・・。

でもいつしか、我慢の限界が来てその場で「もう辞めます!!」と言い残して帰った事がキッカケで行動しなければいけなくなったんですよ。

そういう状況になって初めて「どうする…?どうする俺!」と真剣に思うようになりました。

もし、日々の生活の中で

「仕事辞めてやる!」「絶対に仕事を変える!」「もう仕事変えたい…。」

と思う事があるのであれば、実際に行動に移す事をオススメします。

と言っても、何をすればいいのか分からないと思いますので、まずやらなければいけない事を「3つ」に分けて下記に詳しく解説してますので参考にしてみてください。

仕事を変える(転職する)時にやるべき「3つ」の事

【1】退職後の自分をイメージする

1つ目ですが、仕事を辞める・変えるのは個人の自由ですのでいつでもして良いと思います。

しかし、その後の自分というのをイメージしてみると現実化します。

具体的には、

「転職するのか」「貯金もあるし当分は遊ぶのか」「実家へ戻ってひとまず、ゆっくりするのか」

など簡単で良いですのでイメージしてみましょう!

自分的に「どれが1番したい事か」優先順位を決めよう!

ここでのポイントは、「どれが一番したい事なのか」を優先する事が大事です。妥協してしまうとまた仕事を変える事になりかねません。

現実的に考えて、「仕事を変える=転職する」という事でしょうから、どんな仕事がいいのかを考えるようにしましょう!

参考に「「給料が安いから転職する」は間違い?稼げる業界・職業、転職時のポイントを紹介!」を見てみるとこれから伸びる業界や職種など詳しく説明していますので見てみてくださいね。

【2】実際に行動に移す!

2つ目、具体的なイメージが出来たら、今の職場へ辞める意思があることを伝えなければなりません。

辞めた後はどうするのかなど、嘘でもいいですので質問に答えられるくらい現実的な事を考えましょう!

きっと、あなたの気持ちを尊重してスムーズに辞める事ができますよ。

一生このままでいいか?自問自答してみよう!

また、「辞めた後に後悔しそうだな」

と頭の片隅にあったとしても行動する事をためらってはいけません。

一生この仕事のままでいいのかどうかを考えて「嫌だ!」と思ったら仕事を変える方が賢明です。

遅かれ早かれ仕事を変える運命なら早いに越した事はありません。

【3】仕事を変える為の具体的な方法

3つ目ですが、仕事を変えるのですから「新しい仕事を確保する」必要があります。

まずは、どんな業界がいいのか、また、どんな職種をしたいと思っているのかをハッキリ明確にしておいた方が良いです!

うやむやになっていたのでは、決まるものも決まらずに時間だけが過ぎていきます。

時間は有限ですので無駄にはしたくありませんよね!

そうならないためにも、『「仕事が辛い」と思った時が転職する絶好のタイミング!その理由と5つの具体的な方法』を参考にして行動に移してみましょう!

きっと、後悔が無い転職ができると思いますよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。