【まとめ】転職に成功する人の特徴5選!習慣・具体的な行動も3つずつ紹介します

これから転職しようとしている人の中には「転職に成功する人の特徴ってあるの?」と思っている人もいる事でしょう。

実際に僕も以前は同じような事を思っていましたし、自分が転職に成功した際にはどんな事をしていたかを聞かれた事も少なくありません。

そこで今回は、転職に成功する人の特徴を5つ、実際にやっていた習慣や具体的な行動も3つずつ紹介します

この記事を読むとあなたも転職に成功する可能性を上げる事ができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職に成功する人の「5つ」の特徴とは?

厳密に「これが特徴です!」とは決めつけがたい事かもしれません。

しかし、僕が転職を繰り返して経験したことを踏まえ、学んだ事を言わせてもらうと「こういう人が成功するんじゃないかな?」と思う人物像があります。それが以下の5つです。

  1. 転職に対して「目的」がある人
  2. 自分を「分析・客観視」できる人
  3. 「素直」でアピールが出来る人
  4. 「コミュニケーション」が取れる人
  5. 嘘でも「積極性」がある人

それでは1つずつ解説していきますね。

【1】転職に対して目的がある人

ただ「今の仕事が嫌だから」という理由だけで転職しようと思うのは自由ですが、それを面接で伝えても転職が成功することは難しいです。

なぜなら、あなたが雇う側だったらどうでしょう?このような人を雇いたいと思わないと思います。

なので、嘘でもいいので辞める理由と面接を受ける企業に就職したいという理由は作るべきです。

本音と建前という言葉があるように日本人は「建前」を大事にする傾向がありますので、そういう意味でも「目的があるかのような人を演じる」と効果的です!

【2】自分を分析・客観視できる人

自分はどういう考えを持ってて、だからこういう行動をしている。

なので御社(貴社)にとってこんなメリットがありますよ。

ということが客観的にわかると成功しやすいと言えます。

元々、僕はこれが出来ませんでした。なので家族や兄弟、友人に「自分の長所&短所」を何度も聞いたくらいです(笑)

そうやって客観的に見る事ができれば自己アピールのヒントになりますよ。

【3】素直でアピールが出来る人

面接等での質問に対して、「素直」にかつ、「簡潔」に応えることが大事です。

その場で考えすぎたりして沈黙になったり、逆に長々と応えるよりも話がスムーズに進みます。

リズムよく面接が進むとお互い良い印象を持ちます。

また、自分が応えた事に対して

「なぜなら〜〇〇だからです。」

と話す事ができればそのまま自己アピールも効果的にできますよ!

【4】コミュニケーションが取れる人

まず、勘違いしている人が多いのですが・・・

『コミュニケーションが取れる人=話す事が上手い人』ではありません。

では、コミュニケーションが取れる人とはどういう人か?

それは・・・

『人の話をちゃんと聞いて理解し、それに分かりやすく簡潔に応えられる人』です。

相手が話をしている時に無言も問題ですが、しつこいくらいに相づちをするのも良い印象ではありません

相手が話している間は「うなづく」程度にとどめ、話が終わったら

「なるほどですね。という事は〇〇〇〇なんですね。」

なんて応えられると良いですね。

【5】嘘でも積極性がある人

例えば、面接を受ける時のことですが、あんまり興味の無い仕事内容だったとしても、あたかも興味あるように積極性を出せるかが成功のカギになります。

「嘘も方便」ということわざがあるくらいです。

このくらいは面接ですのですると効果的です。嫌なら採用されてから断ればいいのですから(笑)

転職に成功する人が意識的に行っている3つの習慣とは?

  1. 普段から周囲に対して「素直」にふるまう
  2. 1日1回は「経済ニュース」を見る
  3. 「転職サイト」を定期的に見る

【1】普段から周囲に対して素直にふるまう

面接のときだけ自分を偽る、もしくは良く見せようとしてもあまり効果的ではありませんし難しいです。

結果的には苦笑いなどになってしまうのがオチです。

ですので普段から周囲に対しては「素直」に受け答えするようにしましょう!

【2】1日1回は経済ニュースを見る

通勤している時にスマホでチェックする程度で構いませんので、1日に1回は経済ニュース(Yahoo!ニュースの経済の箇所とか)を見るようにしましょう。

「○○が倒産」などの悪いニュースを見つけたら、この業界は落ちていくかもしれないな・・・。

と予測できる事ができ、下手に転職をする事を防ぎます。

逆に良いニュースは、

「ますますその業界が伸びると予測できるので、転職するならこの業界もいいかも!」

という考えになっていくのでとても参考になりますよ。

【3】転職サイトを定期的に見る

僕は毎日、朝と夜、多い時はお昼休みにも転職サイトを見ていた時期があります。

疲れるかもしれませんが、求人情報を比較したり働く自分を想像したりしてみると転職する事に対してスムーズに取り組めます。(もちろん応募する事は必須ですが。笑

僕が転職活動していた時に良く見ていたサイトは『「仕事が辛い」と思った時が転職する絶好のタイミング!その理由と5つの具体的な方法』に書いてありますので参考にしてみてください。

転職に成功するために行うべき具体的な行動3選!

転職に成功するために行うべき具体的な行動として確実に言えることは・・・

「応募しまくる!」

という事なのですが、それではあまり参考にならないと思いますので、僕が実際にしていた事を3つ書いておきます。

  1. 最低でも3〜4社の求人サイトに登録する
  2. 更新日時を覚えてNewが付く新しい求人情報だけを見る
  3. 気になる求人があったら考えすぎず、即応募する

最低でも3〜4社の求人サイトに登録する

まずできることとして求人サイトに登録する事から始めましょう。

というか、これをしなければ始まりません。

求人情報はサイトによって掲載されている内容(求人)が結構違いますので3〜4つくらいは見るのがオススメです!

これを続ければ、きっとあなたに合う企業が見つかりますよ。

僕が実際に登録して求人を見ていたサイトはこちら

【1】リクナビNEXT

リクナビNEXT」は、誰しもが知っている大手求人サイトですね。

正社員としてバリバリ働きたいならここは見ておいて損はありません。(というか絶対みるべき!

【2】マイナビ転職

マイナビ転職」は、リクナビと同じでどっちかというと個人的にはリクナビより見やすくてかつ、条件を指定できる点もやっぱり好きですね!笑

【3】duda(デューダ)

duda(デューダ)」は、非公開な求人だけしか無くかつ、コンサルタントなどからの連絡がウザイと思っていましたが、シンプルに求人を検索できると知ってから活用しています!

実際に正社員として就職しましたし、印象としてはいわゆる「使える求人サイト」ですね。

【4】エン転職

エン転職」は、もしかしたら「duda(デューダ)」よりも見ていたかも知れませんが、上位2つ意外の求人も多く、応募していた求人も結構多かったと記憶しています。

更新日時を覚えて新しい求人情報だけを見る

すべての求人情報を見ていたのでは時間がもったいないです。

ですので、求人サイトの更新日時をメモしておいて毎日の生活の中で「New」の求人をみるだけにすると時短もできますし効果的です!

気になる求人はあまり考えずに応募する

これをしない人がかなり多く見受けられます!

ここが一番大事なのに、面接へ行く前や採用される前から

「〜でも○○が面倒そうじゃない?」

「そもそも自分は受からなそうだからな・・・」

決めつけていては何事も進みません!

応募しても返信がない企業も多いので『まず応募する』という事を徹底しましょう!

行動することでしか得られない事が多い「転職活動」。

一番成功する人はもしかしたら馬鹿みたいに行動した人かもしれませんね!(僕が転職バカだからって?笑)