「仕事が憂鬱だから転職する」って自己中なの!?ストレスが溜まる仕事は辞めるべき?

仕事が憂鬱と感じ始めたら転職のサインかも

普段の生活の中で、出勤する時など、誰でも一度は憂鬱な気分になったりした経験があるはずです。

たとえば、仕事の責任が重すぎるとかで、一時的に仕事が憂鬱になってしまう時もあるでしょう。

憂鬱になる原因は、人それぞれですが、これが慢性的になってしまうと、仕事に行く事が「ストレス」になってしまいます。

きっと、笑顔も無く、どこか元気もない表情になっているに違いありません。

なぜか分からないけど、仕事に対して、

「気分的にも晴れ晴れしない」

「なんだかダルい」

「憂鬱だ」

と感じているのであれば、それは、転職するサインかもしれません。

「気分が憂鬱」は次第に「精神的ストレス」へ変化する

仕事に対して、気分が憂鬱の時は、まだ、気分転換などでリフレッシュする事で、仕事をする気になれますが、精神的ストレスとなってしまうと、これは危険です。

ストレスの影響で、人によってはうつ病になってしまうケースも多いです。

僕の場合は、『職場の人間関係でストレスMAX!胃痛&吐き気で夜中に目覚める最悪な日々とは?』でも話している通り、仕事のストレスが原因で胃腸炎になった経験があります。

その後、転職すると胃腸炎は治まりましたが、身体に異変が起こる前に仕事を変える事を視野に入れるべきだなと痛感しました。

ストレスが溜まる仕事は今すぐ辞めるべき?

仕事をしている事でストレスとなる原因は、絞りきれませんが、責任の負担が重かったり、職場の人間環境が主に影響していると言われています。

たとえば、営業職で過度なノルマ設定をされたりすると、始めは期待に応えなきゃと自分自身を奮い立たせる事も可能ですが、成績が悪いと罵倒されて自己嫌悪になる事は少なくありません。

また、くだらない事で仲間はずれをしたり、陰口を叩いたりなど、まるで学校のイジメのような事が起こってストレスになるケースもあります。

ストレスを溜めて仕事をするなら「転職」をした方がマシ

仕事に対して何かしらストレスを感じて身体にも影響しているのであれば、僕は転職する事を勧めます。

実際、友人・知人に転職を勧めて、後に感謝されたこともあります。

もし、あなたが、仕事に対して悩みがあるなら、『仕事の悩みは身内に相談しても意味がない!リアルな体験から学んだ解決方法とは』を参考にしてみてくださいね。

会社の為じゃなく、自分の為に働こう!

責任感が強い人ほど、ストレスを感じやすく、また、人に言えないままストレスを溜め込む気質があります。

「会社は今、大事な時だから…」
「自分がやらなきゃ誰がやるの…」
「自分が売上をUPさせなきゃ」
「自分は頼られている存在だから…」

こんな事を思って日々、仕事に追われている人は、きっと、自分自身が壊れていくでしょう。

もちろん、それをイキイキと全うしているのであれば、問題はありません。

ですが、全責任を感じて仕事に追われているのであれば、ストレスでいつか精神的苦痛を味わう可能性が高いです。

考え方としては、以下のように考えると気が楽になりますよ。

ストレスを感じない考え方とは

「会社は今、大事な時だから…」

 →大事な時だけど、会社の責任を取るのが、社長の仕事だ!

「自分がやらなきゃ誰がやるの…」
 →同僚や後輩など誰でもできる、できるように教育すればいい!

「自分が売上をUPさせなきゃ」
 →自分意外にも売り上げを挙げられる人を育てよう!

「自分は頼られている存在だから…」
 →自分が居なくても会社は誰かに頼るだろうし、何事もなかったかのように会社は成長する!

こんな風に、上手に切り替えをする事で、気が楽になりますよ。

今後、転職を考えているのであれば、自分に使える時間も精神的余裕も増えるので、おすすめです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。